【書評】英文読解入門 基本はここだ!(改訂版)

英文読解入門 基本はここだ!(改訂版)

 

入門書として長らく高い評判を得てきているだろう本書。

もちろん内容は悪くない。・・・が、なんせ10年以上前の発行である。

 今となってはもっと質の高い解釈本が他にある気もする・・というのが正直な感想。

 具体的にいうと初学者向けのはずなのに、解説があっさり。

この手の解釈本には、「バチッと見やすい構文の図解」が不可欠だと思うのだが、

それが不十分なのも疑問。

(あったり、なかったりする。また、あったとしても参考程度)

 

したがって、ガチの初学者がこれのみで学ぼうとすると逆に英語が嫌いになってしまうんじゃないの?というの余計な心配をしなくもない。

 

 反対に、ある程度偏差値の高い学習者が英文解釈テクの確認としてさらっと使うには有益。それどころか非常にオススメできる。

 

とにかく、これ1冊で分かり切ろうとしないこと!

 この本の特徴を一言で表すとすれば『英文解釈ダイジェスト』である。

 薄くコンパクトにまとまっているという長所は裏返せば、解説がかなりあっさりと

いうこと。つまり、え、本来もうちょっと詳しく説明があっても良いでしょ相手は初学者なんだからおいおいえ、それで説明終わりじゃないよね?終わったぁあ!というツッコむところが正直、随分ある。

 

<オススメの使い方>

繰り返しなるがこの本最大の長所は薄いこと。

そして、そのためか参考書にしてはかなり安い部類。(千円を切る笑)

したがって 

・初学者が英文解釈の体系を短時間で概観する。

・中級者が英文解釈の体系を短時間で確認(復習)する。

この2点。

 

<まとめ>

あくまで「ダイジェスト版 英文解釈」という事を念頭に置いて取り組むべき。

そのように使うのであれば有益だし実際、オススメ。

ただし、見本市的に英文解釈の要点がまとめられているだけに、「分りやすい説明」が追求されているわけではないから注意。

 

<おまけ>

本書と、さらに姉妹編のポレポレを2冊ともやりこんだ経験を踏まえて言うのだけれども、個人的には西きょうじの参考書ってどーも相性が悪い。

ポレポレもそうだが、どことなく対症療法的な感じが否めないんですよね。例えば本書では婉曲表現wouldに対して「wouldは仮定法的な響きがあるので〜」とさらっと一言付け足し説明がある程度なんだけど、ここなんて「could,might,wouldなど助動詞を過去形にすると、控えめな表現になり、そこから仮定法的なニュアンスが出てくる。Wouldをみたら仮定法を疑ってみよう」というようにある程度、総括的な説明があった方が良いのでは?と思ってしまうのだ。そのようなまとめはなく、その場その場でなんとな〜くさらっと説明があるだけなのである。つまり「何となく分かった気にはなるけど、知識として定着してない」って危険性を常に孕むわけ。

まぁ、本書もポレポレもこれだけ評価が高く、なおかつ競争の激しい参考書業界で10年以上売れ続けてるレジェンド級の一品なわけだから、相性が悪いというより、俺が脳がバカなだけなんだろうけども。

 

というわけでまだまだ努力不足!精進します!

 

『英語喉』はじめました

冷やし中華始めました」でお馴染みの芸人AMEMIYA。TVから姿を消して久しいが、実は現在、ローカル営業で引っ張りだこで、月収も200万は下らない。‥というのをTVで見たので、俺の英語力もうなぎ上りになってほしいという意味をこめてこんなタイトルをつけてみました。

 

うそはさておき、リスニングだ。

「発音できない音は認識できない」という考えから

リスニング力の向上を目指して、『英語喉』買ってみました。

 

youtubeに著者によるレクチャー動画があげられているので

それを見ながら練習を始めています。

 

少しずつレポしていこうと思います。

がんばるぞー。

リスニング練習継続中

旺文社の『英検一級リスニング問題150』という問題集を使って、ひたすらスクリプトを読む勉強。今日で2周目に入りました。1周目と比べて格段に文章が読みやすくなってます。

その理由として

⚫︎すでに内容理解が済んでいること

⚫︎英検リスニングの文章パターンに慣れてきたこと

⚫︎毎日英文を読んだので、若干読解力が上がった事

などがあると思います。

自分の場合、こないだの英検の一次試験で、初めて英検に触れたので、まずは問題の出され方自体を繰り返し体感する事が先だと思ってます。 それを通して合格するために不足しているスキルを洗い出し、補っていきたいと思います。 とりあえずは問題演習量が圧倒的に足りないのと、返り読みの癖を抜く。この2点がんばりまーす。

1級リスニング対策 step1

というワケで、渋々ながらリスニング対策をはじめた。

リスニング=リーディング力との考えから

1級リスニングの過去問を、いきなりスクリプトから読み始める

スタイルで学習している。

(つまり目で読んで分からない英文が一発聞いただけで分かるわけなかろうと。)

 

そして今日で1週目が終わって思うこと。

何気に英文自体は難しくなかった。リーディングパートで

出題される英文の方が難しい。

それなのに何でリスニングが出来ないのだろう?

 

・・・と考えてみるに、やっぱり返り読みかと。

 

自分は、幸か不幸か大学受験時の癖が抜けず、英文を読む時に

(ほぼほぼ自動化されつつあるものの)品詞分解をしつつ読んでいた。

リスニングの場合、1回しか読み上げられない関係上、読解時に「ん?」と

引っかかった部分の構文とったり、前後の文脈を行きつ戻りつしつつ英文解釈

なんてことはできない。頭から一発で理解していくほかないのだ。

で、このスキルが不足しているなと。

 

というわけで自分の読解スタイルを、英文を頭から理解していくいわゆる直読直解スタイルに修正中。 そんなこともあり、リスニングの勉強なのにリスニング問題集のスクリプトを読むことばかりしている。人間面白いもので、「頭から理解!返り読み厳禁!」と意識するだけで少しずつそれが出来るようになってくるから不思議だ。

今後の方向としてはあと2週は読みこみ、内容理解をしてから音声に入ろうと思う。

 

がんばるぞー

問題先読みは有効か

TOEICや英検などの試験ではよく問題を先に読んでから

読解なりリスニングなりに取り組むというのが半ば常識テクニックと

されている。

これに関しては何となくだが、「人と、その人のレベルによる」

のではないかと考えている。

要は人それぞれということだ。

 

例えば自分はTOEICのリスニングに関しては問題先読みを

やっていたし、実際に有効であった。

しかし、こと読解については必ずしもそうではないのでは?と感じている。

つまり、先に問題文をサッと全部読んでから長文読解に入り、答えの選択肢を

確定するという正攻法のほうがスムーズに解けることが少なくない。

 

その理由としてまず2問ないし3問の問題に目を通したところで、

長文を読んでいる最中にどんな問題が出ていたか忘れてしまう(笑

正確には、問われていることは大雑把には覚えているが、それが情報として解答に

差が出るほどではない事が多い。それなら先に問題に目を通す時間を最初から

読解に当てたほうが時間も浮くというものだ。

 

というわけで、リスニングに関しては先読みはおおむね有効だと感じて

いるものの、読解については先読みはさほどテクニックとして喧伝するほど

のものではない、というのが今の俺の思うところ。

 

 

準一級のスコア

1級と同日に受けた準1級のスコア

 

Reading

(1) 24問正解 (全25問) 96%

(2) 6問正解 (全6問)  100%

(3)6問正解 (全10問) 60%

 

合計 36問正解 (全41問)  87,8%

 

 

Listening

(1)10問正解 (全12問) 83,3%

(2)6問正解 (全12問) 50%

(3)4問正解 (全5問) 80%

 

合計 20問正解 (全29問) 69%

 

 

やっぱりリスニングが弱い。

そしてリーディングでは語彙力で稼いでいる。

 

よくよく振り返ってみれば、今まで単語集だけはコツコツ隙間時間に

見ていたが、リーディング自体の勉強はしていない。

ましてリスニングの勉強なんて全くしていない。

 

語彙力が上がれば読解力もある程度相関して上がることを考えると

今までの学習投下時間は

 

語彙100

読解10

リスニング0

 

くらいの比率になる。

 

今回のテスト結果が

語彙>読解>リスニング だったことを考えると

ある意味勉強の成果がきれいに反映されていると考えられなくもない。

妙に納得。

 

リスニング大嫌い!=全く勉強しない

 

そんな路線をこれまで歩んできたが、英検合格という目標を設定した以上

リスニングの勉強をせざるを得ない。

 

とはいえリスニングの勉強はやっぱりつまらない!そして苦痛!

したがって

「リスニング力を上げる」というよりは

「英検のリスニング解答力を上げる」という視点に絞って勉強していくことにする

 

すなわち

出題の傾向を知り、対策・戦略を立て、解答テクニックを習得して正解をもぎとる路線です。

はじめて英検受けてきた

人生で初めて英検を受けてみた。

 

6月4日(日)の

準1級と1級である。

 

準1級はまだしも、

1級があまりに出来なくて悔しさのあまり、これまた初のブログ開設。

 

とにかく自分でも引く程できなかった!(特にリスニング)

 

とりあえず次回リベンジする事は確定。

 

合格するために日々、気づいたことを書いていく。

 

とりあえず受験してみて思った事。

 

<Readingについて>

 各パートについて

・パート1 単語問題は以外と難しくない(25問中18問正解)

 

・パート2 解答の根拠に確信なし。‥がなんとなく出来た(6問中5問)

 

・パート3 さらに解答の根拠は薄い。半分フィーリング。(20問中12問)

      (もう少しじっくり読めれば正解できるが、時間がない。)

 

・パート4 エッセイのルールに従って書けば難しくはない(点数不明)

 

 Reading全体を通して

・時間が全然足りない。パート4はほぼ塗り絵になった。速読力が必要。→ 多読

・出題傾向に慣れていない。→過去問解きまくって傾向を体得する。

・時間配分が分かっていない。→過去問を繰り返して最適化を図る。

               パートごとに時間を計測。

・パート1に割く時間を削り、浮いた時間を読解にあてる。

・問題先読みは有効なのだろうか。

・作文に関して、雛形は体得済み。アウトプットの自動化をさらに進めて時間短縮。

・読解→解答 に時間がかかってしまうので、単語と作文にかける時間を削る他ない。

 

<Listeningについて>

 

各パートについて

 

・パート1 フィーリング多し。(10問中4問正解)

 

・パート2 読まれる英文についていけず。(10問中4問)

      選択肢を読む時間的余裕がない。

 

・パート3 situationを読んで把握する時間すらない。結果フィーリング。

                        (5問中2問)

・パート4 まず、読まれる英文の長さにドン引きする。

      頭に入って来ず完全に空読み。結果、ほぼ塗り絵。(2問中1問)

 

Listening全体を通して

 

・結局のところ、リスニング=読解力(速読力)だと実感。

 リスニングって英文読解を目でなく、耳でやっているだけだな、と。

 

・読解力(速読力)がないために、問題文先読みテクニックが有効にできてない。

 

・自分の場合、英文を一度だけ読んで意味を取っていく事が苦手だと判明。

 (返り読みをしている?)ゆえに、返り読みのできないリスニングはついていけな

 い。

 

・問題形式、出題形式、解答テクニックに全然慣れてない。 

 →過去問を繰り返すことで体得していく。

 

<英検1級全体を通して>

 今回はとりあえず、自分はどれだけ英検1級に程遠いか(あるいは近いのか)を

知るため試食的に受けてみた。実際、全然できなくて凹んだわけだが、1級と自分との距離感は体で感じられたのでそれは収穫だった。

 

リーディングに関しては思っていたより出来てたので、何気に自信になった。

(とはいえ単にフィーリングの正解が多いだけなので水物だけど)

 

語彙力の底上げはとりあえず据え置き。

とにかく英文を「素早く正確に」読む練習をする必要がある。

また、読んだ英文を「正解につなげる」得点力というか問題解答力を身につける必要がある。 この辺りは英検1級の過去問を毎日読んでいって体に馴染ませたい。

 

さてリスニング。こいつが真の敵。

思えばリスニングの勉強なんてしたことないから、そもそもリスニングの

カンどころってのが育っていない!

とりあえず

1級の過去問のスクリプトを読解することから始める。

まずは

いきなりスクリプトを目で読解して1級英語の文体に慣れる(語彙を拾いつつ)

→音読によってさらに身体に馴染ませる(頭から理解していく事を意識しながら)

→各パートの出題傾向に慣れる(自分なりの解答テクニックを構築)

→音声で本番さながらに問題を解く。

 

この手順で勉強しようと思う!

正直、ここまでコテンパンにやられると、いきなり次回で1次合格するのは

さすがに無理だが、せめて手応えは感じたい笑

 

柔道でいえば、試合が始まったと思った途端、何が起こったか分からず

気づいた時には天井を眺めていた状態だったんだよね!悔しいけど!

 

それをせめて、相手の胴着を掴んで何とかくんずほずれつ取っ組み合ってる

ぞ〜感だけは感じられるようになりたいというのが、まず当面の目標です!!!