はじめて英検受けてきた

人生で初めて英検を受けてみた。

 

6月4日(日)の

準1級と1級である。

 

準1級はまだしも、

1級があまりに出来なくて悔しさのあまり、これまた初のブログ開設。

 

とにかく自分でも引く程できなかった!(特にリスニング)

 

とりあえず次回リベンジする事は確定。

 

合格するために日々、気づいたことを書いていく。

 

とりあえず受験してみて思った事。

 

<Readingについて>

 各パートについて

・パート1 単語問題は以外と難しくない(25問中18問正解)

 

・パート2 解答の根拠に確信なし。‥がなんとなく出来た(6問中5問)

 

・パート3 さらに解答の根拠は薄い。半分フィーリング。(20問中12問)

      (もう少しじっくり読めれば正解できるが、時間がない。)

 

・パート4 エッセイのルールに従って書けば難しくはない(点数不明)

 

 Reading全体を通して

・時間が全然足りない。パート4はほぼ塗り絵になった。速読力が必要。→ 多読

・出題傾向に慣れていない。→過去問解きまくって傾向を体得する。

・時間配分が分かっていない。→過去問を繰り返して最適化を図る。

               パートごとに時間を計測。

・パート1に割く時間を削り、浮いた時間を読解にあてる。

・問題先読みは有効なのだろうか。

・作文に関して、雛形は体得済み。アウトプットの自動化をさらに進めて時間短縮。

・読解→解答 に時間がかかってしまうので、単語と作文にかける時間を削る他ない。

 

<Listeningについて>

 

各パートについて

 

・パート1 フィーリング多し。(10問中4問正解)

 

・パート2 読まれる英文についていけず。(10問中4問)

      選択肢を読む時間的余裕がない。

 

・パート3 situationを読んで把握する時間すらない。結果フィーリング。

                        (5問中2問)

・パート4 まず、読まれる英文の長さにドン引きする。

      頭に入って来ず完全に空読み。結果、ほぼ塗り絵。(2問中1問)

 

Listening全体を通して

 

・結局のところ、リスニング=読解力(速読力)だと実感。

 リスニングって英文読解を目でなく、耳でやっているだけだな、と。

 

・読解力(速読力)がないために、問題文先読みテクニックが有効にできてない。

 

・自分の場合、英文を一度だけ読んで意味を取っていく事が苦手だと判明。

 (返り読みをしている?)ゆえに、返り読みのできないリスニングはついていけな

 い。

 

・問題形式、出題形式、解答テクニックに全然慣れてない。 

 →過去問を繰り返すことで体得していく。

 

<英検1級全体を通して>

 今回はとりあえず、自分はどれだけ英検1級に程遠いか(あるいは近いのか)を

知るため試食的に受けてみた。実際、全然できなくて凹んだわけだが、1級と自分との距離感は体で感じられたのでそれは収穫だった。

 

リーディングに関しては思っていたより出来てたので、何気に自信になった。

(とはいえ単にフィーリングの正解が多いだけなので水物だけど)

 

語彙力の底上げはとりあえず据え置き。

とにかく英文を「素早く正確に」読む練習をする必要がある。

また、読んだ英文を「正解につなげる」得点力というか問題解答力を身につける必要がある。 この辺りは英検1級の過去問を毎日読んでいって体に馴染ませたい。

 

さてリスニング。こいつが真の敵。

思えばリスニングの勉強なんてしたことないから、そもそもリスニングの

カンどころってのが育っていない!

とりあえず

1級の過去問のスクリプトを読解することから始める。

まずは

いきなりスクリプトを目で読解して1級英語の文体に慣れる(語彙を拾いつつ)

→音読によってさらに身体に馴染ませる(頭から理解していく事を意識しながら)

→各パートの出題傾向に慣れる(自分なりの解答テクニックを構築)

→音声で本番さながらに問題を解く。

 

この手順で勉強しようと思う!

正直、ここまでコテンパンにやられると、いきなり次回で1次合格するのは

さすがに無理だが、せめて手応えは感じたい笑

 

柔道でいえば、試合が始まったと思った途端、何が起こったか分からず

気づいた時には天井を眺めていた状態だったんだよね!悔しいけど!

 

それをせめて、相手の胴着を掴んで何とかくんずほずれつ取っ組み合ってる

ぞ〜感だけは感じられるようになりたいというのが、まず当面の目標です!!!